スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その4 日本語化とMOD導入の基礎編

それではいよいよOblivionを日本語化する時がやってきました。
今回もGOTYパッケージ版を想定して話を進めていきます。

GOTY版を2枚ともインストールすれば、Oblivion本体のバージョンは1.2.0.416になっているはずです。
一応確認してください。
「インストールフォルダ\Oblivion\Oblivion.exe」のプロパティを開いて、バージョン情報タブに書いてあります。



では、まずはパッチを当てます。
安定版のv0.15cを使います。
http://rapidshare.com/files/155782977/TES4JaPatch015c.zip.html
こちらからDL後、解凍してください。

obja.dll
obja_config.exe
TES4_12416_JaPatch_015.EXE

以上3つのファイルを「インストールフォルダ\Bethesda Softworks\Oblivion\」にコピーしてください。
日本語パッチ

「TES4_12416_JaPatch_015.EXE」を実行してください。
「Oblivion.OLD」が作成されれば成功です。

一度Oblivionを起動して、動作確認をしてください。



続いて、日本語MODを導入します。
日本語MODは2種類あります。
名詞は英語のままのJP WIKI MOD。
名詞も全て日本語(カタカナ表記)された派生版(しとしん版)MOD。
どちらでもお好きな方を選んでいただいて結構ですが、私はJP WIKI MODを使っていて、しとしん版は分かりません。
ここでもJP WIKI MODでの導入を想定して話を進めていきます。

http://jpmod.oblivion.z49.org/cgi/afs.php?category=jpwikimod&target=JPWikiModSI

http://jpmod.oblivion.z49.org/cgi/afs.php?category=jpwikimod&target=JPBooks_Vanilla_SI

http://jpmod.oblivion.z49.org/cgi/afs.php?category=jpwikimod&target=Knights_of_the_Nine

3つとも、一番新しいものをDLしてください。


まずは簡単なKnights of the Nineから日本語化しましょう。
「Knights_of_the_Nine-jb10-2009_1015.7z」を解凍し「Knights_jb10_2009-10-15.exe」を「インストールフォルダ\Oblivion\Data\」にコピーしてください。
Dataフォルダに「Knight.esp」があることを確認して「Knights_jb10_2009-10-15.exe」を実行してください。
「Knights.esp.英語版(Original).old」が作成されれば成功です。
これでKnights of the Nineは日本語化されました。



続いてOblivion本体とShivering Islesを日本語化します。
ここからの作業は、あらゆるMOD導入の基本となるやり方です。
ひとつひとつの手順を確認しながら、確実に覚えてください。

また、今後MODを導入する際、ほとんどのMODのreadmeには「Dataフォルダに放り込め」と書いてあると思いますが、それは無視し、必ず以下の方法で導入してください。
readmeに書いてあるのは、あくまで手動での導入方法であり、全く管理ができない状態になります。
以下の方法で導入することで、分かりやすく、また安全なMOD運用が可能となります。



「JP Wiki Mod SI 2009-10-12.7z」と「JP Books Vanilla and SI 2009-10-09.7z」を解凍してください。
新しく適当なフォルダを作り、3つの.espファイルをコピーしてください。
日本語MOD

OBMM(Oblivion Mod Manager)を起動し、下にあるボタンの中から「Create」をクリックしてください。
左枠に「Bashed Patch, 0.esp」というものが追加されていますが、これはWrye Bashによるものです。
とりあえず今は気にしなくて結構です。
Create

「Name」に自分が分かりやすいような名前を付けます。
「Version number (x.x.x)」にMODのバージョンを書いておくと、今後バージョンアップがあった際に見分けが付きやすいでしょう。
「Add folder」をクリックし、先ほど.espファイルをコピーしたフォルダを指定します。
「Relative path」に.espファイルが3つ入ったことを確認したら「Create omod」をクリックしてください。
omod作成

「AutherとDescriptionが入力されていない」という旨のメッセージが出ますが、気にせずOKOK。
「omod created successfully」と表示され、OBMMの右枠に日本語MODが追加されれば成功です。

これは、MODをOBMMで管理するため、.omodという形式にまとめたものです。
「インストールフォルダ\Oblivion\obmm\mods\」に日本語MOD.omodができているはずですので、確認してみてください。
この状態ではまだ、MODの内容はゲームには反映されていません。
MODは「インストールフォルダ\Oblivion\Data\」に追加されていくのですが、現在はまだ日本語MOD(3つの.espファイル)が入っていないことを確認してみてください。
反映させるためには、以下の手順を踏む必要があります。

日本語MODを選択し、下のボタンから「Activate」をクリックしてください。(日本語MODをダブルクリックでも可)
Activate

右枠の日本語MODの左にある■が青くなり、左枠に3つのespファイルが追加されればOKです。
MOD反映

これで日本語MODがゲームに反映されました。
もう一度「インストールフォルダ\Oblivion\Data\」を確認してみてください。
3つの.espファイルが入っているはずです。

早速ゲームを起動してみたいところですが、まだ我慢です。
もうひとつ行わなければならない作業があります。

MODは、読み込む順番がとても重要です。
OBMMの左枠の上から順番に読み込まれます。
このロード順によって、MODが正常に動くかどうかが決まってきます。
OBMM左枠のMODをドラッグすれば、自由に順番を入れ替えることができます。
ですが、ここは自動並べ替えツールBOSSの力を借りましょう。


一旦OBMMを終了して、BOSS.batを実行してください。
しばらく待つと、BOSSの並べ替え結果がテキストファイルで表示されるはずです。
一番下に以下のような文面があるかと思います。

Unknown mod file: JPBooks_Vanilla+SI.esp
Unknown mod file: JPWikiMod.esp
Unknown mod file: morrowindJPbooks.esp

これは、マスターリストに記載がないという意味で、自分でリストに書き加える必要があります。
では「インストールフォルダ\Oblivion\Data」にあるmasterlist.txtを開いてください。

テキストエディタの検索機能で「DLCShiveringIsles.esp」を検索してください。
380行目あたりにあるんじゃないかと思います。
そのすぐ下に

JpWikiMod.esp

と入力してください。

続いて「Base B」で検索してください。
950行目あたりにあるかと思います。
「Book Jackets Oblivion.esp」などの集まりと「aaaBorsBedrolls.esp」などの集まりの間に

JPBooks_Vanilla+SI.esp
morrowindJPbooks.esp

と入力してください。
入力できたら、保存して閉じ、再度BOSS.batを実行してください。

今度はUnknownがなくなり、日本語MODが「DLCShiveringIsles.esp」と「Knight.esp」の間に入ったはずです。


これでようやく日本語MODの導入が完了しました。
OBMMを起動してください。
下のようになっていればOKです。
並べ替え後

「Launch Oblivion」からOblivionを起動してみましょう。
日本語化されたOblivionの世界を存分にご堪能ください。



日本語化と合わせてMOD導入の流れも一緒に説明させていただきました。
MOD導入部分のみ再度確認しておきましょう。

1.MODをDLする
2.解凍し、新しく適当なフォルダを作り、必要なファイルを移動する
3.OBMMを起動し、Createでomodを作る
4.omod化したMODをActivateする
5.OBMMを閉じ、BOSSを実行
6.もしマスターリストに記載の無いMODだった場合はリストに書き加え、再度BOSSを実行する
7.OBMMを起動し、MODが並べ替えられている事を確認し、Launch Oblivion

これが作業の流れになります。


今は、マスターリストのどこに書き加えれば良いのか分からないと思います。
とりあえず、大まかな位置に関しては、こちらのサイトを参照してください。
Oblivion Clarity - 「Better Oblivion Sorting Software - BOSS」ロード順を最適な順番に並び替えてくれるツール
細かい位置はMODを扱っていくうちに理解できてくるはずです。



次回は、初プレイ時から入れておいた方が良いMODの紹介と例外的な導入方法について説明します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。