スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その5 初プレイ時のオススメMODとMOD導入の応用編 後編

後半です。
導入するMODは以下の通り。


Low Poly Alt Grass for SI
Optimised Distant Land MAX
QZ Easy Menus
Toggleable Quantity Prompt
Wiki JP 書籍化mod




最初の2つは、どれも画質を抑えてパフォーマンスを向上するMODです。
マシンパワーに余裕のある方は、導入する必要はありません。

まず、Oblivionにおいて自分のマシンパワーがどの程度なのか、調べてみましょう。
ゲームを始めたら「@」キーを押してください。
左下に入力欄が出現したはずです。

これをコンソールと呼びます。
様々なコマンドを入力することで、ゲームに影響を及ぼします。
天気を変えたり、アイテムを入手したり、クエストをクリアしたことにしたり、といった事が可能です。
コマンドの詳細については、Wikiを参照してください。

今回はマシンパワーを調べたいので「tdt」と入力して「Enter」キーを押してください。
右上に文字列と数値が現れたはずです。
再度「@」キーを押してコンソールを終了してください。

一番上の、FPSというものに注目します。
これは、1秒間に何回画面を更新しているか、という数値が表されています。
数値が大きければ大きいほどマシンパワーには余裕があり、少ないと画面がカクカクしてしまいます。


60~ 超余裕です
30 十分です
20 なんとかなります
~10 ゲームならなくないですか?


街中で数値が落ちる人はCPUが、森で落ちる人はグラフィックボードの性能が足を引っ張っていると予想されます。
CPUの方はどうにもなりませんが、グラフィックボードは画質を抑えることで軽快に動かせるようになります。




では「Low-Poly-Alt Grass for SI」からいきましょう。
Oblivionでは、ひとつの草の塊に20枚のポリゴンを使用しています。
このMODは、それを8枚に減らすことで、パフォーマンスの向上に貢献します。
草のボリューム感は減ってしまいますが、FPSは5~10程度向上します。

http://tesnexus.com/downloads/file.php?id=5434
Filesに色々種類がありますが「LowPolyAlt Grass for SI」をオススメします。
LowPoly Grassだと、くっきり#の形になってしまって、上から見るとかなり寂しいことになります。
LowLowPoly Grassだと、更にポリゴン数が減りますので、ホントにギリギリのマシンパワーで遊んでる方はコチラの方が良いかもしれません。
LowPolyAlt Grassは、#をV字型にしているので、上から見てもそれなりに草に見えます。
SIを導入している方はfor SIが付いている方をDLしてください。

解凍したら、適当に新しいフォルダを作り「meshes」フォルダと「omod conversion data」フォルダを放り込んでください。
そしたら、いつものようにOBMMを起動して「Create」ボタンです。

今回はNameとVersionを入力する必要はありません。
いきなり「Add folder」で、先ほど作ったフォルダを指定してください。
入力しなくて良い

すると何か言われますが、気にせず「はい」を押してください。
上の方をよく見てください。
NameやVersionだけでなく、AuthorやE-mailまで自動で入力されているはずです。
これが「omod conversion data」フォルダの威力です。
いや、これだけなら別に大したことないと思うかもしれませんが、大型のMODを導入する際、どのオプションファイルを導入するか選択できたり、多くの便利な点があります。
ですので「omod conversion data」フォルダが付いているMODは必ず一緒にomod化しましょう。

さて、一見データが何も追加されていないようですが、下の「Data file」を選択すれば、大量のファイルがあることがわかると思います。
omod conversion dataの威力

では「Create omod」でomod化し、Activateしてください。
今回も.espファイルはありませんので、左枠には何も追加されずBOSSを起動する必要もありません。
このまま「Launch Oblivion」でゲームを起動し、草を見てきてください。
草のボリュームが減り、FPSも向上しているかと思います。

もし反映されていない場合は「Archive invalidation」が行われていない可能性があります。
ツール導入編を参照し、Archive invalidationを行ってください。
これは、VanillaのデータをMODで変更したい時、VanillaではなくMODのデータを読み込むよう指示する処理です。
また、そのMODを外した際には、ちゃんとVanillaからデータを読み込むようにしてくれます。




次に「Optimised Distant Land MAX」を導入します。
これは遠景のメッシュをいじって、ポリゴン数を減らしてくれます。

http://tesnexus.com/downloads/file.php?id=15278
これもFilesに色々ありますが、最初の2つ「Optimised Distant Land MAX 1_1」か「Optimised Distant Land MAX 1_1 OMOD」のどちらか好きな方をDLしてください。
後者は最初からomod化されているので、ラクチンです。
時々omodファイルを上手くDLできない場合があるようなので、そういった方は前者をDLしてください。
前者はいつものように手動でomod化することになります。

まず前者の場合から説明します。
解凍すると2つのフォルダがありますが「50~」の方を使いましょう。
「75~」はポリゴン数を減らしすぎて、見た目が悪くなってしまいます。
必要なファイルは「50~」に全て入っているので、OBMMを起動し、CreateのAdd folderから「50~」を指定し、omod化後Activateしてください。
いい加減慣れてきたと思いますので、説明も適当になっております。

続いて、後者の場合です。
最初から.omod形式になっていますので、ダブルクリックするだけです。
OBMMが起動し、右枠に「Optimised Distant Land MAX v1_1」が追加されたはずです。

Activateしてください。
警告が出たあと、以下のようなウィンドウが出るはずです。
50%を選択

上の50%を選択しましょう。
今の警告や選択肢も「omod conversion data」の威力です。

ゲームを起動し、動作確認です。
遠景を見ても、ほとんど分からないと思いますので、動けばOKです。




ここからはマシンパワー関係なく、全ての人にオススメできるMODを紹介します。
「QZ Easy Menus」は、会話画面などから右クリック一発で抜けることができます。
わざわざ×までカーソルを持って行く必要はもうありません。
また「I」でインベントリ、「K」でスキルなど、特定のジャーナルを開くショートカットキーも実装されます。
ショートカットキーは.iniファイルをいじることで変更可能です。

http://tesnexus.com/downloads/file.php?id=23404
最も新しい「QZ Easy Menus 1x01」をDL後、解凍してください。

ショートカットキーを変更する場合は「QZ Easy Menus.ini」を開き、数値をいじってください。
キーに対応した数値がこちらで確認できます。
http://cs.elderscrolls.com/constwiki/index.php/OnKeyDown

適当に新しくフォルダを作り、.espと.iniを放り込んだらいつものようにomod化し、Activateしましょう。
久しぶりのBOSS登場です。マスターリストには記載されていますので、BOSS.batを実行するだけでOKです。
ゲームを起動して、ショートカットキーでジャーナルを開いたり、会話をして右クリックで抜けたり、試してみましょう。

なお、Activateした後に.iniをいじりたくなった場合は「インストールフォルダ\Oblivion\Data\」にある「QZ Easy Menus.ini」をいじってください。




もうひとつの便利MODは「Toggleable Quantity Prompt」です。
買い物の時など「いくつ買いますか?」というダイアログをカットしてくれます。
Ctrl+クリックでイッコだけ、Shift+クリックで全部、というかたち。
また「A」キーが「Take All」に対応しています。

http://tesnexus.com/downloads/file.php?id=12859
DL、解凍したら、新しいフォルダを作って、.espと「omod conversion data」フォルダを放り込んでください。
あとはいつもと同じなので、説明を放り投げます。




最後は「Wiki JP 書籍化mod」
これは、Wikiのデータがゲーム内の本として登場します。
コンソールコマンドを確認したい時など、いちいちウィンドウを切り替えなくて済むので便利です。

http://shy.jsphr.net/upload/img/ups05785.zip
解凍すると「data」フォルダが出てきますが、必要なのは「Manuals.esp」だけです。
「Add files」で指定すれば良いんじゃないでしょうか。

これはBOSSのマスターリストに記載がありません。
追記する場所ですが、2520行目あたりの「Items M」の塊の中に入れておけば良いと思います。

付属のSSにあるとおり、チュートリアルの下水道から出てすぐの桟橋脇にある木箱の中に、本が入っています。




お疲れ様でした。
2回にわけてお送りした初心者講座5回目は、これにて終了です。
これだけ入れておけば、初プレイも快適になることでしょう。
また、これだけ入れられれば、今後のMOD導入もさほどつまずくことはないでしょう。

基本的なことは全て説明できたはず、なので初心者講座は終了、ってことにします。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。